困ったら飛び蹴りばっかりしている

blog241.jpg

blog242.jpg

おはようございます・オア・トリート。いたずらするのもされるのもいい、七草多粥です。
今日はもうほとんど画像で進行します。自分で記事を書いていてさすがに縦に長過ぎるだろこれはと思いつつも推敲する気力がないのでもういいやプンプーン!!

◆ハロウィン
blog243_1.jpg

blog243_2.jpg

blog243_3.jpg

blog257.jpg

blog243_4.jpg

blog244_1.jpg

blog244_1_1.jpg

blog244_2.jpg

blog244_3.jpg
なんか期間限定イベントとは思えないほど切ない設定を持ったマトイちゃんが現れたのですが、彼女も時が来れば音もなく消えて達成不能のCOだけを残していくのでしょうか。ていうか妄想しただけで人が一人作れてしまうなんて世の中便利過ぎでは。

◆アプデ
・バランス調整
blog246.jpg
エルサーにて。なんという均衡の取れた面子。
FoとSuの返事がありませんが理想的な職バランスになった、ような、なってない、ような……?
テクのファーストブラッド化がまだなのでFoはこれからですね。

・オメガ緊急
魔神城戦にオメガ・ヒューナルが迷い込んだだけでした。
このコンテンツはHr用にデザインされたものでしょうし、流石にこればかりは↑の画像のようなバランスにはなってません。ていうかHr以外と会いません。カヤノ氏はTe/Fiで行ってますが腕もアレなので無力感を抱きながら遊んでます。
とは言え、骨が吸い込めるようになっていたり吸い込みやすいおなじみのダーカーが出るおかげでゾンディールが輝いています。集敵ウォンド殴りが気持ちいい!全職ダブセでハリケーンセンダー転倒集敵もあるぞ!
できることはいっぱいあるので、もう少し工夫して楽しんでみます。

・ブーストラリー
出るとされる☆14がクヴェレスカーレットとラヴィス=カノン(とリュクロス・スタッフ)。
1年くらいずっと回ってたい。

・新ガチャ、アルケミストレプリカ
blog258.jpg

・ダークブラスト


無駄にポーズが選べるのに笑いました。どれを選んでもネタになってしまうぞ!
得た経験値を使ったスキル振りの要素がありますが、これがまた相当な量の経験値を必要とするらしいので完全究極体ダークファルス・エルダーになれるのはまだまだ先になりそうです。
この変身、ゆくゆくは色んな姿になれたりするんでしょうかね?
EP5の2章を見る限りだと、おいそれと手に入れられる力ではなさそうですが……。



↓↓↓2章についてのお話はネタバレになるので一応追記分に隠しておきます↓↓↓










































・至りし闘争の果てに(ネタバレまみれ)
blog247_0.jpg

blog248.jpg

blog247_1.jpg

blog247_2.jpg

blog247_3.jpg

blog247_4.jpg

blog247_5.jpg

blog249.jpg

blog247_6.jpg

blog247_7.jpg

blog250.jpg

blog247_8.jpg

blog251.jpg

blog247_9.jpg

blog252.jpg

blog247_10.jpg

blog247_11.jpg

blog247_12.jpg

blog247_13.jpg

blog253.jpg

blog247_14.jpg

blog247_15.jpg

blog254.jpg

blog247_16.jpg

blog255.jpg

blog247_17.jpg

blog247_18.jpg

blog247_19.jpg

blog247_20.jpg

blog247_21.jpg

blog247_22.jpg
これ書いてて切実に思ったんですけど、メルランディアちゃんの公式な反応がほしいですよね。本人はリリーパでの一件で完全に吹っ切れたと思いますが、記憶を消しているわけではないので何かしら思う所はあるはず。
あっやべえ、ディアちゃんリリーパで庇われてたな……でもアレはゲッテムハルトに影響されたエルダーに庇われたと解釈しよう……。

あとやっぱり、オメガの世界観が未だによくわからんちんです。厳密にいえば『オメガの世界観』はわかるのですが、『オメガがアークスにとってどういうものなのか』がわからんちん。アカシックレコードの見る夢って表現が分かりやすそうに聞こえて、実際はよく似た平行世界ではないことと、両世界での出来事がお互いに影響し合う程度の情報しか含まれていない気がします。もうちょい重要なところが不明な感じ。
意識の世界らしきところでゲッテムハルトと会話したシーンなどは、それこそプレイヤーの見ている夢のようなシーンでした。力を託したゲッテムハルトはオメガの住人なのに、意識の世界で会話したのは明らかにこちら側の、既に死んでいるのだからオメガのことなど知るはずのないゲッテムハルトで、しかもそのゲッテムハルトは言わば夢の世界であるオメガでの出来事を自身とメルフォンシーナの終着としました(このとき、「記録にしかないメルフォンシーナ」という表現を使ったのも気になります)。
なんというか、上手く補完されなかった人物や要素を、プレイヤーが綺麗に終わらせているみたいですよね。
まぁEP5は始まったばっかりなのでわからんことのほうが多いのは当たり前ですね。
目的ははっきりしているのに落としどころが見えてこないあたり、先の展開が気になってしまいます。次章に期待しましょう。

また次回。
来月は、何か動画撮ろう。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。